Skip to content
子ども相手のお仕事してます

看護師が小児科に就職する場合

看護師は人の命を守り、支えることができる意義深い仕事です。特に小さな子ども達にとって、医師よりも身近な看護師は頼れる存在ですから、小児科や保育園に就職して子ども達に尽くしてみましょう。数ある求人の中から小児科を選ぶ場合には、どのような点に気を付ければ、面接で採用してもらいやすくなるのでしょうか。

看護師ひいては医療従事者の面接では、多くの場合に志望動機が注目されます。人の命に関わる仕事は、使命感ある人でなければ適切に続けられないので、自分の意欲をアピールしてみましょう。また、小児科で働く場合、子どもを萎縮させない優しさが必要になります。子どもは大人とは異なり、自分の異常や不安を率直に言葉にすることができません。子どもの状態を的確に把握するには、相手に心を開いてもらう必要があるのです。

したがって、求人の中から小児科に就職したいときは、面接でもできるだけ笑顔を絶やさないようにしましょう。特に、家族の元を離れて入院している子ども達は大きな不安を抱えているため、そうした子ども達に対応する大切な配慮です。できるだけ子ども達とコミュニケーションをとって、恐怖を解消するようにしましょう。

一方、病気の治療は時として子ども達にとって苦痛を伴うものです。そのような場合、子どもに同情して医療行為を躊躇するのは危険であり、厳しく対応してでも子どもに医療行為を施す心構えが欠かせません。求人の中から子ども達を支えられる職場を選ぶ際には、これらの点を意識しておきましょう。